ガス代節約

必見!ガスコンロのガス代節約術

更新日:

お金と家家計の負担になるガス代!毎月のガス代を削ることができれば家計が少し楽になるのに、と悩んではいませんか?
なるべく節約して安くしたいと思いますよね?そのためにはどうしたらよいでしょうか?

ガス代はガスコンロの使い方次第で節約をすることができます!
今回はその方法を紹介していきます。

ガスコンロで節約するためのポイント

・強火より中火にする
・余熱を利用する。火を止めた後もしばらく火は入る
・炎が鍋底からはみ出さないようにする
・鍋底の水滴は拭き取ってから火にかける
・鍋にフタをする
・冷凍物は冷蔵庫解凍しておく
・煮るより蒸す、炒める

強火より中火にする

調理をする時、最もガス代の節約につながるのは「中火」です。強火よりも中火で沸かすほうが鍋の横からガスの火がはみ出さずに熱を無駄なく利用できガス代が節約できます。
また、少しの水を沸騰させたい場合、電気ケトルや電子レンジを使ったほうが安くなります。うまく使い分けましょう。

余熱を利用する。火を止めた後もしばらく火は入る

ガスをとめてもしばらくは食材に熱が入っていきます。煮物やカレー、おでんなど、煮込み料理に特に適した方法です。
フタをしていれば冷めにくいので、さらに効果が高まります。
料理にもよりますが、食材に6~8割程火が通った所でとめて、あとは余熱を利用する事でガス代の節約になります。
これは大きな効果が大きいので、ぜひ実践していきたいです方法です。

炎が鍋底からはみ出さないようにする

お湯を沸かしたり、鍋を火にかけるときは、炎が鍋底からはみ出さないようにすれば、それだけでガス代の節約になります。
炎のはみ出してる部分はきちんと鍋に当たらず、無駄が出るので心がけましょう。

鍋底の水滴は拭き取ってから火にかける

鍋でもフライパンでもですが、洗ったばかりなどで底が濡れているとガスがその水を蒸発させるのにも使われてしまうのでガス代が無駄になります。
鍋底の水滴をふき取ってから火にかけましょう。
わずかな水でも、一瞬で蒸発させる事は出来ず、しばらく火を当てたままにしないとなりません。思っているよりガス代がかかります。流しにふきんを置いておき鍋ややかんに水を入れたら、その上に一瞬置く事で底の水滴をふき取ってガスコンロにかけるという方法が楽だと思います。

鍋にフタをする

鍋で何かを煮る時、フタをした方が温まるのが早いです。ガスの使用時間が2/3位に下がります。フタだけでも売ってますし、1枚で色々な大きさの鍋に使える物もあって経済的です。中心部がガラスになっている物が、食材が見えて便利です。

冷凍物は冷蔵庫解凍しておく

凍保存してる食材は、使う分を冷蔵庫解凍しておきましょう。
凍った状態から調理すると、解けるのにもガスが使われるのでガス代が余計にかかります。
レンジで解凍するにしても電気代がかかります。
前の晩あたりから使う食材を考えておいて、冷蔵庫に入れておきしましょう。使う頃には解凍されます。
1回で使い切らない量の物を解凍する場合、常温解凍した物は非常に悪くなりやすいので冷蔵庫解凍にしましょう。

理由は、室温(仮に20度とします)の方が当然冷蔵庫の中(5度とします)よりも温度が高く解凍される過程で、食材が周りの温度に近づいていきますが食材の全体が均一に解凍されていく訳ではなく、バラつきがあります。
見た目には半解凍くらいの状態でも、部分的に室温の20度に近いところが存在してしまいます。

これが冷蔵庫の中なら、5度以上にはならないのですから、室温においておくより悪くなりにくいという事です。
大量にまとめて冷凍してしまうと、使いたい分だけ取ることが難しく多すぎる量を無理に全部使ったり、解凍してから必要な分だけ取って残りを再冷凍するなどをしてしまいがちです。再冷凍は良くないのでやめましょう。

煮るより蒸す、炒める

そのまま食べる > 炒める > 蒸す > 煮る
の順でガス代の節約になります。

蒸す際は少ない水で熱い水蒸気を作り出し行う調理法です。、少ない水で行うのですぐに鍋の中が熱くなります。
煮る場合は多くの水を沸かす分だけのガス代が必要です。なので蒸す方がガス代節約になります。

蒸す調理法は、お湯の中で煮ないと火が通りにくいと思うかもしれませんがむしろ早く火が通ります。
これは凝固熱という物の作用で温められた水蒸気が食材にぶつかると液体に戻るのですが、その際に熱を発します。その熱が食材を更に加熱するという仕組みです。
炒めることは、煮たり蒸したりするよりも火の通りが早くお湯を沸かすこともないのでガス代の節約になります。

いかがでしたでしょうか?ガスコンロの使い方ひとつとっても色々な節約方法があります。
どれも簡単にできる方法ばかりですので、高いガス代に悩んでいる人はぜひ試してみてくださいね。

-ガス代節約

Copyright© ガスコンロのABC , 2019 All Rights Reserved.