ガスコンロの選び方

都市ガスとプロパン(LP)ガスの違いは?

更新日:

ガスタンク都市ガスとプロパンガスの違いを紹介します。

都市ガス

プロパンガスより料金が安いです。
安定してコストの低い供給が低いですが設備費用がかかります。

・原料
メタン(燃える気体)を主な成分に持つ天然ガス。海外から輸入する液化天然ガス(LNG)が大半を占めます。

・特徴
本来は無色・無臭。ガス漏れ時にすぐに気が付くよう匂いをつけてある。
マイナス162℃まで冷すと液体になり、体積が600分の1と小さい。
空気より軽い。

・ガス会社
都市ガスは、その地域で供給している都市ガス会社または自治体のガス局と供給契約を交わします。全国に200以上のガス事業者があります。

・供給方法
道路の下のガス導管を通じて供給されます。そこからガスメーター(マイコンメーター)を経て家庭で使用します。

都市ガスのポイント

「わかりやすい料金体系」
国によって料金の規制があるため、全員が同じ料金表です。

「空気より軽いガス」
万一のガス漏れの際も引火する危険が低くなります。

「土地の有効活用が可能」

プロパンガス

都市ガスが通ってないところでも利用できます。導入費用がかかりませんがLPガスは設備費用を分割して払います。毎月のガス使用量にガス管や料金メーターなど設備費用を上乗せして請求するようになっている場合が多いです。

・原料
プロパン・ブタンを主成分に持つ液化石油ガス。液化石油ガスは、大半を海外から輸入している。

・特徴
本来は無色・無臭。ガス漏れ時にすぐに気が付くよう匂いをつけてある。
マイナス42℃まで冷すと液体になり、体積が250分の1と小さくなる。
空気より重い。

・ガス会社
LPガスは、その地域にあるいくつかのLPガス会社の中から契約する会社を選びます。全国に2万社以上のLPガス会社があります。

・供給方法
LPガスはLPガスが入ったボンベを業者が自宅まで配送し、家庭で使用します。

LPガスのポイント

「設備費が安い」
導管ではなくガスボンベ出供給されるため、初期費用がかかりません。

「一般社団法人プロパンガス料金適正化協会で料金診断やプロパンガス料金の値下げを無料で行なえる」
LPガスは自由料金の為、業者によって複雑な料金体系があるが、一般社団法人プロパンガス料金適正化協会で「プロパンガス料金の適正価格診断」を利用をすれば「適正価格」で プロパンガスが利用にできる様に無償でサポートを受けれる。

↓おすすめのプロパンガス一括見積もり↓

「災害時の復旧が早い」
地震や台風など広域災害に強いのはLPガス。ボンベと配管、ガス器具の安全性が確認できれば、すぐに利用が再開できます。

-ガスコンロの選び方

Copyright© ガスコンロのABC , 2019 All Rights Reserved.