ガスコンロの選び方

ガスコンロの天板の幅と素材ごとの特徴と選び方

更新日:

天板とごとくガスコンロの天板の素材には種類があります。
それぞれの素材の特徴と選び方をご紹介します。

天板ってどこのこと?

ガスコンロの天板とは、火が出るコンロの下の部分を指します。
この天板の素材の種類によってガスコンロの見た目やお手入れのしやすさが大きく変わります。

ガスコンロの天板幅は75㎝と60㎝どっちがいい?

ガスコンロの天板の幅は、一般的に75㎝と60㎝がありますがどちらを選んだらよいのでしょうか?
それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

60㎝天板のメリット・デメリット

本体と天板の横幅が幅が同じで一般的な間口です。
同じ幅60㎝に交換することも75㎝の天板のサイズにすることもできます。
幅がせまいので余裕がなく鍋の移動が不便になります。一時的に鍋を置くスペースがありません。キッチン全体でみると調理スペースを確保できるため大きなメリットになります。
何でも置ける調理スペースが多きほうが便利なためプロもおすすめするサイズです。

75㎝天板のメリット・デメリット

幅が広いため、広く使用でき天板上に鍋を置くことができます。キッチン全体でみるとせまくなってしまいます。
見た目は広々としていて価格も少し高めです。しかし、単体だと良い製品です。

天板の幅について、購入する際には単体でみるより全体で見て自分にとって合うほうを選びましょう。

天板の種類と特徴

ガラストップ お手入れが簡単で見た目が良い
 特徴:天板が強化ガラスのタイプ。ふちが付いているものとフレームレスのもの、
    フレーム一体成型のものがあります。
 長所:見た目が美しく、耐久性、耐熱性に優れ、お手入れが簡単な現在の主流。
 短所:重いものを落とした場合破損の恐れがあり。
 販売価格帯:65,000~190,000円

ガラスコート 丈夫でガラスの様な質感ながらお手頃価格
 特徴:硬質ホーローにさらにコーティングを施し、強さと発色を向上させたタイプ
    「ハイパーガラスコート」「パールクリスタル」「Gクリアコート」など。
 長所:ガラスの光沢感と、鋼板の堅牢度を併せ持ちます。
    色バリエーションが豊富でガラストップに比べて価格が安い。
 短所:衝撃で表面塗装が割れると、そこからサビる。
 販売価格帯:60,000~120,000円

ホーロー  価格が安くて丈夫さがある
 特徴:鋼板にフッ素コーティングがされたタイプ。 
 長所:耐久性に優れ、硬い物でこすっても大丈夫。
 短所:衝撃で表面塗装が割れると、そこからサビる。
    年数が経つとコーティングが剥げてくることがある。
 販売価格帯:45,000~70,000円

フッ素コート お手入れ簡単、価格も安い
 特徴:鋼板にガラス質のコーティングがされたタイプ。
 長所:油をはじくのでお手入れが楽で値段が安い。 
 短所:硬い物でこするとフッ素が剥がれるので注意。熱に弱い。
 販売価格帯:34,000~60,000円

ステンレス
 特徴:ステンレス素材のタイプ。
    現行品では、個性的なコンロ数機種のみ発売されています。
 長所:頑丈で使い込むほど味がでる。業務用のようなシンプルさがある。
 短所:熱によって赤茶色に変色する。強くこすると傷が付きやすい。
 販売価格帯:100,000~160,000円

アルミトップ
 特徴:天板が(厚みのある)アルミ素材のタイプ。ここ数年で出始めました。
 長所:熱伝導が良いことにより熱が素早く分散するため、
    汚れが焼付きにくくお手入れが楽。
 短所:まだ種類が少ない。 
 販売価格帯:95,000~140,000円 

耐久性やお手入れのしやすさ、価格帯などそれぞれに特徴があります。
自分に合ったものを選びましょう。

-ガスコンロの選び方

Copyright© ガスコンロのABC , 2019 All Rights Reserved.